トヨタカローラ愛媛株式会社

トヨタカローラ愛媛株式会社
企業名 トヨタカローラ愛媛株式会社
本社住所 〒791-8511 愛媛県松山市中央1丁目16-5
電話番号 089-922-3311
業種 自動車ディーラー・商社
設立 1966年1月6日
代表者 松田 卓恵
資本金 6,000万円(昭和46年6月実績)
売上高 128億7,000万円(平成28年3月実績)
従業員数 329名(平成29年8月実績)
平均年齢 39.3歳(平成29年6月実績)
事業所 【中予】 中央通店(本社)、松山東店、松山保免店
【東予】 三島・川之江店、新居浜店、西条店、今治店
【南予】 大洲店、八幡浜店、宇和島店
先輩の卒業学校 愛知大学、愛媛大学、愛媛大学大学院、大分大学、大阪経済大学、大阪商業大学、大阪体育大学、岡山商科大学、岡山理科大学、香川大学、関西学院大学、九州産業大学、九州情報大学、京都産業大学、近畿医療福祉大学、近畿大学、久留米工業大学、慶應義塾大学、県立広島大学、甲南大学、神戸国際大学、神戸親和女子大学、神戸女学院大学、国士舘大学、駒澤大学、四国学院大学、四国大学、島根大学、下関市立大学、専修大学、高松大学、中京大学、帝京大学、天理大学、東北大学、東洋大学、徳山大学、鳥取環境大学、トヨタ神戸自動車大学校、トヨタ東京自動車大学校、トヨタ名古屋自動車大学校、同志社女子大学、奈良大学、日本大学、姫路獨協大学、広島経済大学、広島修道大学、福岡教育大学、福岡工業大学、福岡大学、松山東雲女子大学、松山大学、山口大学、立命館大学、流通科学大学(50音順)
代表的な職種と業務 【営業スタッフ職】(総合職)
~ 心を動かす人間関係のエキスパート。アフターフォロー型総合営業による販売のプロ ~
担当地区のお得意様宅訪問による整備案内等のアフターフォロー活動や、店頭商談などから、カローラ店の新車とあらゆるメーカーの中古車の販売を担当。
【アテンダント職】(一般職)
~ ショールームの華。営業・サービスをバックアップする店頭応対のプロ ~
ご来店される全てのお客さまに対し、ドリンクサービスをはじめとしたおもてなしと、ご用命伺い、販売・整備他に関するご説明といった初期応対や、ショールームマネジメントを担当。
※サービスエンジニア職(自動車整備士)は国家資格保有が前提となるため、トヨタ自動車大学校等、専門学校卒業の必要あり。
※職種はいずれも当社独自の職務内容を指します。(会社により職務内容や名称は違います。)
Uターン就職が活きる『地の利』 お陰様で、四国最多のお客さま数を誇るディーラーに育てて頂きました。よって我々の仕事は、「新規開拓に明け暮れたり」「売りつけたり」するような、その場限りのお付き合いではありません。今お取引いただいているお客さまが、当社最大の財産であり、それを守りご満足にお応えしていくことが、仕事において最善の『攻め』になります。また、当社の商品性において、お客さまの大半は『一般的な愛媛のファミリー層』です。そんなお客さまと高額商品のお取引をするためには、親戚以上に深くご家庭に立ち入る必要もよくあります。しかし、一口に愛媛といっても、東・中・南予はもちろん、市によっても、考え方や習慣等の県民性は大きく違う点が多々あります。そんな時、地元出身であることは、人間関係構築の大きなアドバンテージとなり、仕事の成功に直結することもあります。ですから当社は、皆さんの望む場所(地元、当然愛媛県内のみ)で、永く働いていただくことを前提に採用します。引越しを伴う転勤はさせたくありません。それはお客さまが望むことだからです!高額商品であるが故、買ってからスタッフとの長いお付き合い(アフターフォロー)にお客さまは期待します。そして時間はかかりますが、フォローが良ければリピーターになってもらえるのです。幸い自動車は、法律で決まったメンテナンス制度があるため、苦情を抑え、フォローの評価を高めることができます。それなのに、社員がよく異動したり、退職したりするようでは、関係が途切れ、いずれファンがいなくなってしまうのです・・・。「東予・南予には、期待できる職場がない」なんて思わないでください。アナタを頼ってくれる未来のお客さまが当社には大勢います。クルマならではじゃないでしょうか?高額商品ながら、手に入れる喜びを一生に何度も分かち合える仕事は・・・。
お客さまを繋ぐ多様な『人財』 当社には、学生時代(過去)に様々な経歴を持つ『人財』がいます。甲子園出場者、国体・インカレ選手、プロアスリート、役者、司会者、TVリポーター、ラジオパーソナリティ、キャンペーンレディ、設計者、教員・保育士資格者、弁護士志望・・・etc。他にもプロに迫る特技を持つ社員が大勢います。そんな、他者に置き換えられない個性、すなわち人材ではなく『人財』が、今のトヨタカローラ愛媛を形作っています。そして、そんな社員に共感しお付き合いいただいているお客さまも千差万別。ただ、そこに感じられる空気は、よく『フレンドリー』と言われます。違う個性を認め合える仲間が強いチームワークを発揮し、また違うタイプのお客さまを惹きつけるのでしょう。だからといって、ウチの社員はスーパーマンではないと思います。皆さんと等しく、就職に悩み迷い、青春を過ごした先輩たちです。最初からこの会社を目指していた人ばかりではありません。なのにこんな多様な個性(安心してください。普通の学生だった方もいます。)が集まるんですから不思議な場所ですね?学生時代の特性はバラバラでも、同じこのステージ(会社)に立つ時、思わぬ相乗効果(トヨタ的に言えば『シナジー』ですか。)も生まれます。Uターン就職?もちろん、ウェルカムです!!「自動車販売会社でしょ?」という先入観はひとまず置いといてください(笑)。今進路に迷うアナタにこそ、一度訪ねていただきたい会社です。
ある若手営業スタッフの就活経験・・・ 直、就職活動が本格化するまで、愛媛の企業は考えてなかったんです(笑)。学生時代は首都圏で、誰もが知る全国展開大手の難関企業(○○社とか、△△社とか・・・)に就職することを目指してましたから(爆)!でも、就活の頃実家の状況も変わり、このまま家族と離れ、都会で就職していいのかなと迷いが生じました。社会人となれば仕事が生活の中心ですから、一度県外で就職するとまず戻れないと分かっていましたし、転職のUターンでは前よりいい条件は望めないと先輩から聴いていました。いざという時、家族のそばにいられないのは自分の本意ではないと気付き、愛媛での就職を考えるようになりました。そして、「地方でも自分を全力で試せるシゲキのある企業はないか?」と探していた時、当社をみつけました。会社訪問でいきなり「店長になりたいんです!」と話したところ、「ビッグマウスだな」と採用担当にツッコまれたことを憶えています(笑)。学生時代には販売のアルバイトで、県外までお呼びがかかる成績だったので、調子にノッていたんですね。実際入社1年目には、「この会社ナメてたなあ」と気付くんです。わずかしか年の違わない先輩たちが、とても気配りがあり、人間的にも器が大きいんですね。当然、私よりもクルマが売れるワケです。自分の至らないトコロを気付かせられる毎日で悔しかったんですが、今の(成長できた?)自分があるのはそのお陰と思っています。それと、クルマの営業がこんなに泣ける(感動!)っていうことも発見でしたね。
加盟団体 愛媛自動車販売協会、日本自動車販売協会連合会、日本自動車査定協会、日本自動車連盟、愛媛県自動車販売整備組合、他
平均勤続年数 17.2年(平成29年4月実績)

トヨタ自動車の新車販売(カローラアクシオ、カローラフィールダー、カムリ、SAI、プリウスα、プリウスPHV、プリウス、アクア、エスティマハイブリッド、エスティマ、ノア、シエンタ、スペイド、ルーミー、パッソ、C-HR、86、ピクシスメガ、ピクシスジョイ、ピクシスエポック、プロボックス、タウンエースバン、ピクシスバン、タウンエーストラック、ピクシストラック)、各メーカー中古車買取・販売、自動車リース、自動車修理・整備全般、保険代理店業、au他通信機器販売、カー用品販売、福祉車両改造 等

企業PR

■企業理念
経営理念は、「夢と感動と挑戦を・・・。我々は、お客さまに喜ばれる仕事を通じて、成長し、生きがいを見出し、地域社会のお役に立つ会社になります。」
『本業』すなわち、自動車を通じて喜びと安心のある生活をお客さまに提供することこそ、最大の地域貢献と捉え、愛媛ナンバー1はもとより、全国トップレベルのお客さま満足度維持に努めています。
そして「もっといい会社」を目指すべく、お客さまだけでなく社員、そして会社が満足できる「三方よし」の取り組みを推進しています。

■当社の強み
自動車業界で、国内最大販売網を持つのがトヨタ正規ディーラー。その中でも、ハイブリッドカー、コンパクトカー、ミニバン等のファミリーカーを中心に、強力なラインナップで市場をリードするトヨタ基幹チャネルが『カローラ店』。そして、四国初、新車20万台突破の営業力と、全国トップレベルの整備技術力で、四国最多のお客さま数を抱え、この愛媛を任されているカーディーラーが『トヨタカローラ愛媛』です。
ファミリーカーを得意とする性格上、週末のショールームはお子様連れのご家族で賑わい、アットホームな雰囲気が溢れていると言われます。中には、親子三代に渡るお付き合いの方も・・・。平日でも老若男女、お客さまが途切れることはありません。初めてご来店された方は、その様子に驚かれることもよくあります。
そんな多くのお客さまに支持いただき、創業以来半世紀、一度も赤字を出したことのない盤石な健全経営と、全国から注目されるお客さま満足度に対する取り組みが、社外からも高く評価されています。2016年に50周年を迎え、本社及び1店舗を大規模リニューアル!百聞は一見に如かず!ぜひ四国トップディーラーの『リアル』に触れてみてください。

先輩からのメッセージ

【中央通店 営業第2課 水野 裕輔(2012年入社)】

■どこの県からUターン?≫東京都

私は宇和島出身です。地元の高校時代から陸上競技に打ち込み、東京の大学に進学後も全国大会で闘ってきました。しかし就職活動の頃には、気心知れた愛媛で生活したいと考えるようになり、ストレートに人のお役に立てる点と、クルマ好きであったことから当社を選びました。それと、Uターンを後押ししてくれたのは当社の採用方針ですね。職種だけでなく、配属地域も受験時の本人希望優先で、基本、将来の転勤もありません。大手の総合職としては、まずない好条件ですよね。お陰さまで(?)入社1年目で結婚、2年目でパパに、3年目でマイホームと一気に愛媛に根付いています(笑)。やはり、将来設計が立てやすい職場環境は大きいですね。その点をはじめ、業界でも人気企業であることは分かっていましたから、多くの受験者の中から印象に残るよう、会社訪問などでしっかりアピールしたつもりです。Uターン就活は負荷がかかるかもしれませんが、早くから情報を集め、ここぞと思った企業には、対面でのストレートな活動で自己アピールしておくことをオススメします。

採用担当者からのメッセージ

我々は採用担当である前に教育担当です。よって採用と教育を分けることなく育成と捉え、入社時および配属後の研修まで、『人財課』が一貫して関わる体制を整えています。就活生⇒内定者⇒新入社員⇒店舗スタッフと目まぐるしく立場が変わっても、それをリードする存在(人財課)は変わりません。結果、長い信頼の下でブレない指導を行い、不安定になりがちな新人のギャップを低減、時期に応じたアドバイスにより、定着を図ってきました。つまり採用ではなく、社員として独り立ちし成功させることが目的なのです。現在は全社を挙げた教育風土ができ、入社3年以内の早期離職はゼロから1割を切るという、トップレベルの定着率を誇ります。業界で唯一中途採用をしないのも、社員が定着しその必要がないからです。そんな人財課のバックボーンは現場にあります。自分たちに長年の営業経験やトップレベルの応対スキルがあってこそ、新人が現場で直面する問題を理解でき、的確なアドバイスができるわけです。また我々は、企業目線の就活支援イベントも、自社企画で長年開催してきました。相談の扉はいつも開けています。遠慮せず悩みをぶつけてください!

【総務部 人財課 野間 貴博 (課長代理)、森本 崇生(主任)】