株式会社大石工作所

株式会社大石工作所
企業名 株式会社大石工作所
本社住所 〒792-0893 愛媛県新居浜市多喜浜6丁目2番45号
電話番号 0897-46-1160
業種 機械・プラント・エンジニアリング
設立 1961年4月1日
代表者 代表取締役社長 大石 憲一
資本金 2000万円(2015年4月実績)
売上高 8億7000万円(2015年3月実績)
従業員数 32名(2015年4月実績)
平均年齢 34歳(2015年4月実績)
事業所 ■本社/愛媛県新居浜市多喜浜6丁目2番45号
■菊本営業所/愛媛県新居浜市菊本町1丁目10番1号
■新居浜営業所/愛媛県新居浜市惣開5番1号
関連会社 大石通商株式会社
株式会社日本有機四国
勤務時間 8:00~17:00(休憩時間60分)
休暇休日 年間105日 会社カレンダーによる
有給休暇/慶弔休暇/育児休暇/介護休暇/地方祭休暇ほか
先輩の卒業学校 愛媛大学、高知大学、広島工業大学、松山大学、近畿大学、関西大学、岡山商科大学、拓殖大学、帝塚山大学、新居浜工業高等専門学校
プラントとは? わたしたちの身の回りにある食品や医薬品などの製品をつくるための生産設備、あるいは製品過程の中間体のことを指します。このプラントを新設・増設することを【プラントエンジニアリング】といい、プラントが効率的に稼働できるよう設備管理し、定期的な巡回点検や精密診断を行うといった予防保全・計画補修を実施することを【プラントメンテナンス】といいます。なかでも化学製品を生み出す【化学プラント】では他のプラントに比べて、「品質・安全面・規律」で高いレベルが求められます。
施工管理者とは? 【プラントエンジニアリング】と【プラントメンテナンス】に欠かせないのが施工管理者であり、これがみなさんにやっていただく職種となります。一言でいうと工事の現場監督者のことを指し、お客様の要望に合わせてメンテナンス・工事計画を立案、技術者をマネジメントして建設・修繕を行います。当社には現在14名の施工管理者が在籍し、それぞれがリーダーとして協力会社に所属する90名の技術者とともにチームを形成し、プロジェクトにあたっています。
積極的な職業能力開発 『ものづくり』を支えていくためにはまず内側から。社員一人ひとりの未来を見据え、技術を磨き、人間的に成長することが必要不可欠と当社では考えており、そのために以下のような社員の職業能力開発に積極的に力を入れています。
・入社後の教育(OJT/OFF-JT、外部研修)約6カ月実施
・希望する資格取得支援(受講料全額会社負担)
・試験練習のための工場、材料提供
・社員個々の希望を踏まえての能力向上教育
・異業種交流会への参加推進
・社員同士での勉強会実施 
新たな取り組み・充実した福利厚生 新社長就任に伴い、2015年7月から実質評価手当といった新たな制度を導入し、福利厚生(雇用・労災・健康・厚生年金・厚生年金基金)を手厚くするなど、社員個人の働きをより報酬に還元する仕組みを作り上げました。一人暮らしの社員のサポートの為に住宅手当や交通費も支給されています。
大石工作所という会社 社員同士が支え合う仲間であり、時にはライバルとなって切磋琢磨する関係を築くことができる風土が伝統的に根付いています。自分の実力を発揮できる場が多くやりがいを感じられ、ベテラン・若手関係なく、社員一人ひとりの”成長機会”や”成長実感”が多いことがこの会社の大きな魅力です。最近ではサイクリングクラブの発足や休憩時間にベンチプレスやワンダーコアを使用した筋トレが流行し、職場は若さと活気に満ちています。

化学プラントを中心にプラントで用いる大型圧力容器や輸送機などの製造・整備・据付だけでなく、プラント設計・製造・現場施工といったエンジニアリング業から、日常点検や品質管理・設備診断であるメンテナンス業までのトータル保全計画を立案しテ行っています。長年の経験から、化学や発電、製薬といった異なるお客様の生産プロセスや特性・危険性を熟知し、生産の合間に効率よく修繕を行うなど、顧客視点のサービスで信頼を得て、新居浜市から中四国へと現在事業エリア拡大中です。

企業PR

■企業理念
【守り続け、支え続け、進化し続ける】
創業以来培ってきたプラントメンテナンス技術を守り、基幹産業である『ものづくり』を支え続けることによって、人々の豊かな生活と良い社会作りに貢献したいと考えています。

■当社の強み
【「共創視点で創造する『夢・豊かさ・安心の理想プラント』を提供」。それを実現する『人と技』が当社の強み!!】
当社が保有する高い技術とノウハウが、多様なニーズフィッティングを可能とし、信頼性の高い機械設備の製造とその装置や機器類の設置から付帯工事までを施工し、それらを守り・支え・進化させるメンテナンスへと、一貫した最適サービスを提供している。常に市場や顧客が求めるものは何かを考え、求められ続けるために進化するプロフェッショナル集団、その源泉は人に価値がつくことにあると考えており、四つの行動と三つのジャンルからなる12ブロックの当社の行動指針がそれを成し遂げている。 新しいビジネスモデルを考える鍵となるのが、メンテナンスを科学することであると取り組んでいる大石工作所は、業界では他に類をみないORを駆使した手法で常に最適を指向しており、そのような経営スタイルが支持されることで「ものづくり」を守り支え、地域をも元気にしている。

先輩からのメッセージ

【製造部/採用活動メンバー 久留島 達也(2012年入社)】

■どこの県からUターン?≫奈良県

私は学生時代に奈良県の大学に通っていたため、就職活動をはじめた大学3年生当時は関西で働くつもりで、職種も特には拘っていませんでした。ところが大学4回生になり、本格的に就職活動が始まったところで企業研究や自己分析をしてみると、「ものづくり」に関する仕事に就きたいという気持ちが徐々に強くなってきました。”それなら「ものづくり」で最も地域を活性化できる場所はどこだろうか”と考えてみると地元である新居浜が目に留まったのです。現在入社して4年目とまだまだ経験は浅い身ですが、どうすれば地元を活性化できるかを考えながら日々仕事をしています。私の考えでは土地勘や馴染みのある場所の方が仕事に集中でき、仕事のやりがいが見つけやすいのではないかと思います。就職活動を行っている学生の皆様、地域活性化の為にUターンを考えてみてはいかがでしょうか。

採用担当者からのメッセージ

学生のみなさまこんにちは。採用活動メンバー杉山です。【プラントメンテナンス】、【施工管理職】という言葉はみなさんにとってあまり馴染みのない言葉であり、理系専門のイメージが強いかと思われます。ですが、そんなことはありません。弊社の施工管理職14名のうち10名は文系で、入社後の基礎教育や仕事状況に応じて必要になってくる資格・免許の講習・研修を受けていくことによって、段階を踏まえて確実に知識を身につけていっています。”文系だから無理かも”、”専門知識がないと難しそう”と不安を抱えている方、スタートラインは皆一緒ですので安心してください。◇人との出会いに感謝できる方 ◇協調性があり、チームで物事を進めることができる方 ◇向上心があり、自身の成長のために努力を惜しまない方、新居浜でお待ちしております!

【総務部/採用活動メンバー 杉山 嘉奈】